全身脱毛の痛み、部位によって差はある?

「全身脱毛は痛い」という話を聞くことがありますね。
痛みの感じ方は人によってかなり違いますが、全身脱毛する際に痛い部位があるのは確かです。

 

脱毛に使用する機器の種類によっても差がありますが「チクチクする」「輪ゴムで弾かれたような痛み」と感じる人から、「痛くて痛くてもう耐えられない」という人まで、その感じ方はさまざまです。

 

痛みの感じ方の違いは、お肌が強いのか弱いのか、色白なのか色黒なのかということにも左右され、その人が痛みにどれぐらい敏感なのかということも関係してきます。
こちらでは、全身脱毛にとは切り離して考えられない「痛み」についてお話ししていきます。

 

 

痛みを感じやすい部位はある?

一般的に「痛い」と言われることが多い部位は、以下のとおりです。

 

VIO

VIOは脱毛する際に最も痛いといわれている部位で、「一番痛いのはどこ?」という質問に、実際に多くの人がVIOをあげています。

 

その理由は、VIOに生えている毛は太くて黒くて根深いことと、皮膚も薄く敏感ですから、刺激に弱く痛みを感じやすいのです。

 

またこの部分の皮膚は色素沈着でもともと黒ずんでいることが多いため、黒色に反応する光のダメージを受けやすいというのも痛みを感じる要因です。

 

あまりに痛い場合は医療レーザー脱毛では麻酔を受けられますのでクリニックに相談してみてください。

 

ワキ

ワキも痛みを感じやすい部位ですが、こちらは、痛かったという人と、それほどでもなかった人に分かれる傾向があります。

 

毛が太くて密集している人は痛みを感じやすい傾向にありますが、それ以外にも痛みへの耐性なども関係してきます。

 

ワキ毛を抜いたことがある人は、その痛みや衝撃を知っていますから、比較的耐えられるという意見もあるようです。

 

ですが脇は皮膚が薄く、また骨に近いためズシンと響くような痛みを感じやすい部位であることは間違いありません。

 

どうしても我慢ができない人は医療レーザー脱毛で麻酔を使用するか、痛みの少ない脱毛サロンでの光脱毛を検討することをおすすめします。

 

ひざや手足の甲

ひざや手足の甲は意外に痛みを感じやすい部位です。

 

この部位は関節のため、皮膚が薄く脂肪がほとんどついていないのと、ひざや手足の甲のムダ毛は比較的太くて黒いため、受けるダメージが大きいのが特徴です。

 

他の部位よりも痛みを感じやすいですが、この部位の脱毛は短時間で終わることが多いため、我慢する時間も短くて済みます。

 

そのため耐えられないほどの痛みで、もう脱毛に行きたくないと感じる人はあまり多くないようです。

 

顔のムダ毛は比較的メラニン色素が薄いことが多いですが、皮膚が薄く骨に近いため痛みや衝撃を感じやすい部位でもあります。

 

とくに鼻下部分は人によって太くて黒い毛が生えていることがあるため、ビクッとなるような痛みを感じることも。

 

痛すぎる場合は、クリニックの場合麻酔をしてもらうか、痛みの少ない光脱毛を選択することをおすすめします。

 

うなじ

うなじは皮膚が薄く痛みを感じやすい部位です。

 

脂肪が少なく骨に近いため、痛みをダイレクトに感じやすいといえます。

 

ただ、ワキやVIOに比べたら、まだ我慢できるという声が多い部位でもあります。

 

もも

ももは皮膚が薄く、ムダ毛が広い範囲にわたって生えている部位です。

 

脂肪がついているため骨に衝撃が伝わることは少ないですが、何度も施術しなくてはならないため、じわじわと痛みが積み重なってきます。

 

一回の施術で時間がかかることも多いため、つらいようならスタッフに相談してみましょう。

 

脱毛する際に痛みを感じるのはなぜ?

医療レーザー脱毛や光脱毛は光による熱を使って脱毛していきます。

 

これは毛根に熱でダメージを与え破壊する行為で、多くのクリニックや脱毛サロンで使用されているレーザー機器や光脱毛機器は、痛みが少なくなるように改良を重ねてきましたが、それでも毛根に熱を加えるという行為は少なからずお肌にダメージを与えます。

 

これが脱毛が痛い理由です。
医療用レーザー機器では200度、光脱毛では70度の熱が毛根にかかりますから、衝撃や痛みを感じる人が多いのは当たり前なのですね。

 

 

痛みの少ない脱毛方法や脱毛機器はあるの?

脱毛にはニードル脱毛・医療レーザー脱毛・光脱毛という種類がありますが、このなかで最も痛いのはニードル脱毛です。
毛穴に針を入れて毛根に直接電気を流しますので、かなり痛いという声が多く聞こえてきます。

 

その次に痛みを感じるのは医療レーザー脱毛です。
弾かれるような衝撃や痛みを感じ、人によっては耐えられないと思うこともあるようです。
ですが医療脱毛は医療機関で行いますから、あまりに痛い場合は麻酔してもらうことができ、痛みの軽減を図ることも可能です。

 

そして最も痛みが少ないのは光脱毛です。
これは多くの脱毛サロンで使用されている脱毛機器で、70度の熱で毛根にダメージを与えます。
脱毛サロンでは麻酔を使うことができないので、耐えられないほどの痛みがある施術はそもそも行えません。
脱毛サロンでの施術があまり痛くないのはそのためです。

 

光脱毛の効果はニードル脱毛や医療レーザー脱毛には及びません。
痛みと効果はある程度まで比例しているといってもいいでしょう。

 

光脱毛の種類について

もっとも痛みの少ない光脱毛機器は、使用するライトの違いでIPLとSSCに分類されます。

 

IPL

IPLとはインテンシブパルスライト(Intensive Pulse Light)の略で、キセノンランプを使用します。
このキセノンランプはメラニン色素の黒色に反応し、毛乳頭にダメージを与えます。

 

IPL脱毛機器を採用している代表的な脱毛サロンは銀座カラーです。
さらにこのIPL機器を改良したPielという独自の機械を使っているのがキレイモです。

 

光脱毛は痛みが少ない脱毛法ですが、後述するSSCと比べると、IPL脱毛機器のほうが毛乳頭に与える効果が高いぶん、痛みを感じる人が若干多いといわれています。

 

SSC

SSCとはスムーススキンコントロール(Smooth Skin Control)の略で、クリプトンライトと専用のジェルを使用します。
クリプトンライトとジェルの相乗効果で、毛の成長を抑える効果があり、うぶ毛などのメラニン色素の薄い毛にも効果があるとされています。

 

SSDを使っている代表的なサロンは脱毛ラボミュゼです。

 

毛乳頭にダメージを与えるIPLと比べると効果は弱くなていますが、そのぶん痛みを感じにくくなっていますので、少しでも痛いと気になってしまうという人におすすめの脱毛法です。

 

どれくらい耐えられるかには個人差がある!痛みの少ないサロンを探してみよう

痛みに対する耐性には個人差があります。
自分がどれぐらいの痛みに耐えられるかわからない場合は、まずお試し脱毛などを利用し、その痛みを体験してみることが大切です。

 

ニードル脱毛・医療レーザー脱毛・光脱毛という選択肢がありますが、もし可能なら全て体験してみるのもいいでしょう。
痛みの強さと効果はある程度まで比例していますから、もし自身が痛みに強いと分かれば、効果の高い脱毛を選ぶのもひとつの方法です。

 

ですがもし大変痛みに弱いということがわかったなら、選択すべきは光脱毛になるでしょう。
光脱毛にも使用する機器が2種類ありますので、より自分に合った機器を使っている痛くないサロンを選ぶといいですね。
参考:痛くない!全身脱毛のおすすめサロンランキング

 

医療レーザー脱毛の200度という高温で毛根にダメージを与えることはできませんが、マイルドな光脱毛でも時間をかければ脱毛の効果は感じられます。

 

友人の話なども参考程度に聞くのはいいですが、痛みの感じ方の確認のため、必ずお試し脱毛を体験してみることをおすすめします。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>