全身脱毛の前後は頭痛薬の服用は禁止なの?

脱毛サロンや美容外科クリニックなどで脱毛を受ける際の禁止事項のひとつに、「脱毛の前後には薬の服用やアルコールの摂取は行わない」というものがあります。

 

ですが、アルコールの摂取はともかく、急な頭痛が起こった際には頭痛薬で対処してしまいたいですよね。
それでは、なぜ、全身脱毛の前後には頭痛薬を服用してはいけないのか、その理由について考えてみることにしましょう。

 

 

全身脱毛の前後に頭痛薬を服用してはいけません。その理由は?

市販薬であっても、処方薬であっても、頭痛薬に配合されている成分の中には、ホルモンバランスを乱す作用がある種類があります。
そして、ホルモンバランスに乱れが生じると、突然敏感肌になることも少なくはなく、普段はまったく平気な光やレーザーに対して、お肌が過敏な反応を示すことが考えられます。

 

たとえば、生理の前や生理中になると、急に吹き出物ができたり、お肌の乾燥が気になったりすることってないでしょうか。
これこそが、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルです。

 

そして、頭痛薬を服用した場合では人工的にホルモンのバランスが壊されている状態ですので、この状態で脱毛を受けてしまうと思わぬ肌トラブルに見舞われてしまうことも考えられます。
どうにもならない頭痛で薬を服用した際には、予約の問題が気になるかもしれませんが、まずはご自身の健康を優先し脱毛はお休みすることが賢明です。

 

薬の服用が必要な方は、医療機関にまず相談!

そもそも、頭痛が起こるという健康状態が問題です。
そして、変則的に起こる頭痛ではなく、慢性的な偏頭痛が起こりやすいという方の場合では、頭痛薬を常飲しなければならないこともあるはずです。
そのような方は、脱毛サロンではなくまずは医療機関に相談してみて下さい。

 

頭痛薬を服用した前後には全身脱毛を受けることができませんが、医療機関であれば頭痛の治療を行いつつ脱毛を受けることができる可能性もあると考えることができます。
体内で起こるホルモンバランスの乱れは時として肌荒れとなって現れてくることがあります。
ですが、頭痛薬の服用で起こっているホルモンバランスの乱れは表面に現れにくく、脱毛などでお肌が刺激を受けた際に急にアレルギーなどの症状として現れてくることがあります。

 

全身脱毛の前後には頭痛薬を服用しないこと、まずはこれを守りましょう。
そして、慢性的な頭痛でお悩みなのであれば自己判断で脱毛サロンに足を運んでしまうのではなく、医療機関できちんと診断を受けたのちに医療脱毛による脱毛を受けましょう。

 

全身脱毛当日に注意することはある?

全身脱毛の予約を入れている当日は、そわそわして気持ちが落ち着きませんよね。
まずは、しっかりお手入れをしておいて、スムーズに施術を受けられるようにしておきましょう。

 

  1. アルコールを飲まない

    まず、注意しておきたいのがアルコールです、
    脱毛施術の予定が入っている前後半日くらいはアルコールを飲まないようにしましょう。
    脱毛をするときに光を照射することでお肌に熱がこもってしまい、そこにアルコールを飲むと血行が良くなって、お肌が炎症を起こすリスクが高くなってしまいます。

  2.  

  3. 運動を控える

    アルコール同様、運動も血行が良くなってしまいますよので、ジョギングやジム通いは全身脱毛の当日は避けるようにしましょう。

  4.  

  5. 日焼け

    脱毛施術をする際、照射によってお肌が乾燥して、軽いやけどを起こす状態になってしまいます。
    そのタイミングで日焼けをすると、さらにお肌の炎症がひどくなる可能性がありますので、できる限り日焼けをしないように腕の部分は長そでの衣類を着用したり、顔の部分はサングラスをかけてつばの大きい帽子をかぶるなどして対処しましょう。

  6.  

  7. 入浴

    入浴主血行が良くなるため当日は避ける方が賢明です。
    汗が気になる場合はさっとシャワーを浴びる程度にしてください。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>