全身脱毛は保険が適用されないの?

脱毛サロンはいかなる場合であっても保険が適用されることはありません。
また、医療機関で全身脱毛を行った場合でも保険が適用されることはありません。

 

 

全身脱毛は健康保険適用外です

医療機関での治療はすべて医療行ためですので、いかなる場合であっても保険が適用されるとお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、医療行ためとはいえ、その種類はさまざまに分類され、保険が適用されない治療も数多く存在しています。

 

たとえば、その好例は美容整形手術です。
そして、審美歯科などに於ける歯のホワイトニングやインプラント、美容外科クリニックの医療脱毛も保険適用外治療となります。
では、これらが保険適用外となる理由はどのようなところにあるのでしょうか。

 

まず、私たちが普段お世話になっている社会保険や国民健康保険は、疾病や怪我の際に必要となった治療費の一部を国が負担するという制度です。
つまり、疾病や怪我に該当しない美容整形手術や審美歯科での治療、医療脱毛などは保険適用外の自費治療になるということです。

 

この知識を持たずに、医療機関で脱毛のカウンセリングを受けると、見積もり額の大きさに驚くことになります。
医療機関で全身脱毛をお考えの方は、身体のどの部位の脱毛であっても保険が適用されないということを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

 

万が一の事故が起こったら?

脱毛サロンの場合では施術中の万が一のトラブルに備えて、サロン自体が保険会社と自賠責保険を契約していることがあり、また、エステティシャンが個人的に自賠責保険に加入していることもあります。

 

そして、万が一のトラブルか発生した場合では、保険会社を通じて利用者に賠償保障という形で保険金が支払われることがあります。
ですが、これは国が統括している社会保険や国民健康保険とは意味合いが全く異なりますので、万が一の場合には保険金が下りる可能性があるという程度に覚えておいて下さい。

 

また、医療機関のレーザー脱毛やニードル脱毛でのトラブルは、ほとんどの場合、医療機関が責任を持って治療に当たりますが、この場合では治療費が無料、もしくは、社会保険または国民健康保険の適用で治療を受けることができます。

 

保険には、社会保険や国民健康保険のほか、保険会社が取り扱っている自賠責保険などがあり、それらの役割はそれぞれに異なります。
脱毛サロンまたは医療機関で全身脱毛を受ける際には、これらの保険の知識を頭に入れ、納得した上で施術を受けて下さいね。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>