永久脱毛ならレーザーがおすすめ!その理由とは?

永久脱毛は医療機関で行うことができる脱毛で、その種類にはニードル脱毛とレーザー脱毛があります。
そして、これらの脱毛方法にはそれぞれにメリットがありますが、お肌の刺激を軽減させて脱毛するという部分を重視するのであれば、レーザー脱毛がおすすめです。

 

レーザーがおすすめの理由

まず、ニードル脱毛とレーザー脱毛の違いについて考えてみることにしましょう。
ニードル脱毛は元祖永久脱毛ともいえる脱毛方法で、電極針から放出される電流で毛根組織を破壊するという方法です。
そして、この方法で脱毛を行えば、高い確率で毛が再生することはないというメリットを持っています。

 

ところが、この脱毛方法は毛を1本ずつ処理して行きますので、多くの時間を必要とし、また、施術中には強い痛みがありますので、麻酔なしでの施術が難しいというデメリットを持っています。
さらに、毛穴周辺に大きな刺激が加わりますので、場合によっては埋没毛が起こる可能性があるというリスクもあります。

 

では、レーザー脱毛ではどうなのでしょうか。
レーザー脱毛は、皮膚の上から毛根めがけてレーザーを照射し、毛包内の細胞組織を弱らせながら脱毛して行く方法です。

 

そのため、ニードル脱毛のようにその場で毛が抜けるということはありませんが、毛穴とその周辺組織に伝わる刺激はニードル脱毛よりも弱く、また、施術後に埋没毛が起こる心配もありません。
つまり、より少ないリスクで永久脱毛を行うのであれば、ニードル脱毛よりもレーザー脱毛のほうがおすすめできるということですね。

 

永久脱毛にはさまざまなマシンが用いられます

永久脱毛を考え、さまざまなクリニックの公式サイトをチェックしていると、各クリニックごとに導入されているマシンが異なることに気がつきます。
そして、導入マシンによっては、顔の産毛や日焼け肌の脱毛を行うことができない場合もありますすが、カウンセリングの段階で脱毛を断られてしまったらショックですよね。
そのようなことにならないためにも、まずは永久脱毛に用いられるマシンの種類を知り、ご自身のお肌に合っているマシンを導入しているクリニックを選んでみましょう。

 

一般的に用いられているのはこのマシン

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー

最も長い歴史を持ち、永久脱毛に貢献しているのが、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。
これらのマシンは、毛根組織の内部にある毛の黒いメラニン色素にレーザーを照射して脱毛を行うことができます。

 

そして、脱毛サロンの光脱毛よりもメラニン色素への反応が強いため、光脱毛よりも短い期間で脱毛を完了させることができるというメリットを持っています。

 

このように高い永久脱毛効果を誇るアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーではありますが、これらのマシンは日焼けした色黒のお肌や地黒のお肌にもレーザーが反応してしまう可能性があり、日焼けや地黒のレベルによっては、脱毛を行うことができないことがあるというデメリットを持っています。

 

また、肌荒れやアトピー性皮膚炎、敏感肌の状態のお肌にも照射することができない場合があります。

 

日焼け肌にも対応できるのはこのマシン

日焼け肌や肌トラブルが起こっているお肌の方にも対応しているマシン、それは、従来のアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーの進化形である、蓄熱方式を採用したマシンです。
そして、これに当たるのが、メディオスターNeXT PROや、ソプラノアイス・プラチナムというマシンです。

 

蓄熱方式というのは、従来のレーザーマシンのように、毛根組織の内部にあるメラニン色素に対して照射を行うのではなく、毛の元を作り出す「バルジ領域」部分に照射を行う方式です。
つまり、メラニン色素にダイレクトに反応させる方法ではないため、お肌の色やお肌の状態を問わず照射を行うことができるということですね。

 

また、蓄熱方式のマシンは、顔の産毛もきれいに脱毛することができるというメリットも持っています。
お肌の色や状態によって脱毛を断られた経験をお持ちの方は、メディオスターNeXT PROや、ソプラノアイス・プラチナムなどの、蓄熱方式を採用したマシンを導入しているクリニックを探し出し、永久脱毛について相談してみることをおすすめします。

 

日焼け肌でも永久脱毛したい!そんなときには?

レーザー脱毛の唯一の弱点、それは、レーザーが黒色に反応するという点です。
レーザー脱毛は、もともと毛のメラニン色素にレーザーが反応することにより、毛根組織を破壊する方法です。

 

ところが、レーザーが反応するのは毛の色素だけではなく、お肌でも同様で、黒く日焼けしたお肌の場合では、それに対してレーザーが反応し、やけどを負ってしまう危険性が否めません。

 

では、日焼け肌の場合では、絶対にレーザー脱毛を受けることができないのでしょうか。
いいえ、そのようなことはありません。

 

現在では、日焼け肌や色素が薄い顔の産毛にも対応するレーザー脱毛器が登場してきており、メディオスターやソプラノアイス・プラチナムなどの機種がこれに当たります。
ただし、これらのレーザー脱毛器は導入している医療機関が限られますので、日焼け肌でレーザー脱毛をご希望の方は、これらの機種を導入している医療機関を探すところから始める必要があります。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>