レーザー脱毛は肌の状態に関係なく行える?

レーザー脱毛は永久脱毛が可能な脱毛方法で、比較的短い期間で脱毛完了させることができるというメリットを持っています。
ですが、医療機関で導入されている機種によっては、お肌の状態によってレーザー脱毛を行えない場合もあります。

 

肌質とレーザー脱毛について

一般的なアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーの場合では、毛根組織内部のメラニン色素にレーザーを反応させて脱毛を行う方法であり、レーザーが透過するお肌が黒く日焼けをしている場合では、レーザーを照射することができない場合があります。
それは、レーザーが毛根だけではなく、お肌の黒色にも反応しやけどを負ってしまう可能性があるからです。

 

このように、お肌の色が黒い場合では一般的なアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでの脱毛を行うことが難しいと考えられます。
アトピー性皮膚炎や敏感肌の方の場合では、レーザーの出力数を調節するなど最新の注意を払うことによって、レーザー脱毛を受けても支障はないと考えられています。
ただし、レーザーの照射によってアレルギー症状が激しく現れる可能性があると医師が判断した場合では、これらの機種によるレーザー脱毛が難しくなることもあります。

 

脱毛が可能な機種と脱毛方法

日焼け肌やアトピー性皮膚炎、敏感肌の方でも比較的安心して脱毛を行うことができる機種には、以下の種類があります。

  • ソプラノアイス・プラチナム
  • メディオスターNeXT PRO

これらのレーザー脱毛機は、一般的なアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーとは異なり、蓄熱式よる脱毛方法となりますので、日焼け肌の方であっても脱毛を行うことができます。

 

また、蓄熱式は毛根組織のメラニン色素をターゲットとしてレーザーを照射するのではなく、毛包部分のバルジ領域に対してレーザーを照射しますので、表皮に与える負担が小さいというメリットを持っています。
つまり、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方であっても、脱毛を行うことができる可能性が高いということですね。

 

ただし、アトピー性皮膚炎のレベルによっては皮膚科医によってストップがかかることも考えられますので、アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚疾患をお持ちの方は、レーザー脱毛のカウンセリングを受ける前に、かかりつけの皮膚科の意見を仰いでおくことが大切です。
また、アレルギー体質の方はレーザーに対してアレルギー反応を起こすことも考えられますので、テスト照射を実施している医療機関でのレーザー脱毛がおすすめです。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>