妊娠中にレーザー脱毛はできるのか

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も妊娠中の女性にはあまりおすすめできません。
レザーやフラッシュなどの光線が妊娠中の胎児に影響を与えるのではなく、レーザー脱毛を行なっている時に発生する痛みが妊娠中の女性の陣痛を誘発する場合があるためです。

 

また妊娠初期の不安定な時期も、急に気分が悪くなったり吐き気などの症状も見られるために、母体に負担が掛かる可能性のある施術は予約を断られることが多いようです。

 

妊活中の方は要注意!妊娠中の脱毛は禁忌!

基本的に妊娠中の脱毛はサロン、医療共に禁忌とされています。

 

光脱毛やレーザーが胎児に何らかの影響を与える可能性がゼロではないからです。
子宮とは部位が全く違うからと油断していてはいけません。
特に妊娠初期の場合は胎盤が完成しておらず、いろいろなものが胎児に影響します。

 

また、痛みに関しても子宮が収縮するリスクがあります。
特に初期の場合には過保護にしなくてはいけない母体に対して施術を行うのはリスクが高過ぎます。
サロン側としてももし何かがあり訴えられるリスクよりも一律お断りをすることで裁判沙汰を避けているという事情もあるようです。

 

妊活をしている方などは脱毛を始める時期をしっかり考えましょう。
サロンや契約状態によっては妊娠の時期を過ぎ、一年以上期間が開いても特に問題なく脱毛を再開してくれますので、脱毛サロンの選ぶポイントにするのもいいかもしれません。

 

妊娠後に永久脱毛ってできるの?危険性は?

妊娠の兆候は、はっきりと現れる方とそうでない方がいます。
そのため、はっきりとした妊娠の兆候が現れない方の場合では、妊娠に気がつかないまま永久脱毛を行うこともあるでしょう。

 

妊娠中の身体はホルモンバランスを崩しやすい状態となっているため、さまざまな身体の変化や体調不良の症状が現れます。
では、妊娠後の永久脱毛には危険性がないのでしょうか。

 

妊娠後の妊娠脱毛は可能なの?

妊娠後の永久脱毛は行わないことがベストです。
美容外科クリニックの公式サイトを確認してみると、妊娠中の脱毛は不可としているところが多く、公式サイトには記載されていなくても、カウンセリングの段階で妊娠を告げると、即刻断られることがほとんどです。

 

その理由は3つあります。

  • ホルモンバランスの乱れ

    妊娠後には女性ホルモンの一種、プロゲステロンの分泌が多くなりますので、肌荒れが起こりやすくなり、突然敏感肌になることもあります。
    このようなお肌の状態で永久脱毛を行ってしまえば、なんらかの肌トラブルが起こる可能性が高く、それを避けるために永久脱毛は避得ておくべきです。。

  •  

  • 子宮収縮のリスク

    ニードル脱毛では強い痛み、レーザー脱毛では照射中にお肌がバチッという衝撃を受けます。
    妊娠していない状態であれば我慢できる痛みや、たいしたことないと感じる衝撃であっても、妊娠後の身体は非常に敏感な状態となっていますので、痛みや衝撃により子宮が収縮する恐れがあります。

  •  

  • つわりの問題

    妊娠後は、いつつわりの症状が現れるかわかりません。そして、つわりの症状が現れると永久脱毛どころの騒ぎではなくなります。

 

このような理由から、妊娠後の永久脱毛は避ける必要があると考えることができます。

 

妊娠に気がつかないまま永久脱毛を受けてしまったら?

永久脱毛後に、身体に特別な変化が現れていないのであれば、妊娠に気がつかずに永久脱毛を受けてしまったとしても心配はありません。
それは、永久脱毛そのものが母体や胎児に悪影響を及ぼすことはないと考えられているからです。

 

ただし、妊娠に気がついたのであれば、無事に出産を終えるまで永久脱毛はお預けです。
この部分については、医療機関に相談すれば期間延長などの便宜をはかってくれますので、心配する必要はありません。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>