全身脱毛の効果を高めるために抑えておきたいセルフケアの方法とは

せっかく全身脱毛をするなら、できるだけ早くきれいに脱毛したいと思いませんか。
全身脱毛の効果を高めるにはいろいろな方法があるのですが、自分で簡単に行えるのがセルフケアです。
紫外線対策や保湿方法など全身脱毛の効果を高めるセルフケアのやり方をご紹介しましょう。

 

 

全身脱毛の効果アップはセルフケアが大切

全身脱毛はサロンに通うから、全ての工程をサロンに任せていれば良いと思っていませんか。
もちろん脱毛サロンでも保湿効果が高いジェルなどを塗って脱毛後のケアをしてくれますよね。

 

ですが、実は、脱毛前や脱毛後にセルフケアをするかしないかで全身脱毛の効果は全く違ってきます。
全身脱毛の効果を高めるセルフケアを適切に行うことで、お肌を良い状態にキープしながら、美しく脱毛することができるんですよ。

 

紫外線対策は必須!

一番手軽に行えるセルフケアは紫外線対策です。
紫外線というと日焼けを想像しますよね。
紫外線対策を行う意味は日焼けしないことに加えて、乾燥防止の意味も持っています。

 

まずは日焼け対策について確認しましょう。
脱毛サロンでの脱毛はサロンにもよりますが、光を照射して毛が持っている黒いメラニン色素に反応させて熱を発生させ毛根にダメージを与えます。

 

ところが、お肌が日焼けをしていると照射する光が拡散してしまい、脱毛が効果的に行われません。
効果アップのためにはなるべく日焼けから肌を守る必要があります。

 

また、お肌の乾燥にも要注意。
脱毛時に発生する熱によってお肌表面の水分が蒸発してしまうため、お肌が乾燥しているとより一層乾燥が進んでしまいます。
紫外線を浴びるとお肌が乾燥してしまうため、脱毛の前後の日焼けは避けるようにしましょう。

 

お肌の保湿を心がけよう

脱毛時には少なからずお肌が乾燥してしまうので、ダメージに弱くなりひどい場合にはやけどや炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

サロンのスタッフはお肌が乾燥している場合、ダメージを減らすために光の出力レベルを下げて照射をすえうため、脱毛効果はダウンしてしまいます。
せっかく照射しているのに脱毛効果が少ないと意味がありませんよね。

 

なので、あらかじめ保湿を心がけてお手入れをしておきましょう。
入浴後は保湿ローションなどをしっかりと塗って、お肌の水分蒸発を防いでおきます。

 

ただし、脱毛当日に化粧水や保湿ローションをべたべたと塗るのは避けてください。
下手にローションが塗られていると照射時に光が届きにくくなり脱毛効果が低下してしまいます。

 

また、脱毛後の保湿も大切です。
照射によって水分が奪われやすくなるため、脱毛後1週間はしっかりと保湿を行いましょう。
保湿することでお肌の新陳代謝を高めてくれて、脱毛時のダメージもすぐに回復できますよ。

 

自己処理は剃るべし!

脱毛前には自己処理をしておくよう言われますが、施術の間隔があいてしまうと毛が伸びてしまい気になることもあるでしょう。
そんな時に気を付けたいのが自己処理のやり方です。

 

脱毛効果を高めるには抜いてしまう自己処理は禁物。
その理由は脱毛時のメカニズムにあります。

 

施術で照射する光は伸びている毛に対して効果を発揮します。
ところが、毛抜きや脱毛機で抜いてしまうと毛が根元の方から切れたり抜けたりするので、光を照射しても効果が得られにくくなるので、自己処理をするなら抜くよりも剃るほうがおすすめ。

 

ただし、剃ると言ってもカミソリを使うときは毛だけでなくお肌の表面の組織も少し削られてしまいます。
お肌の表面が傷つくと乾燥が進んでしまい照射によって炎症が起きる可能性もありますので、電動シェーバーの使用をおすすめします。

 

電動シェーバーを使うと長さをそろえながら剃ることができるので、毛が揃った状態で脱毛ができます。
施術の合間に毛が伸びすぎたときは、カミソリではなく電気シェーバーで処理をするようにしてくださいね。

 

 

毛周期に合わせたセルフケアを

全身脱毛は毛周期を考えて処理をするのも一つの方法です。
毛周期とは毛が成長する一連の過程で、毛の成長は大きく分けて3つの段階があり、休止期、成長期、退行期と呼ばれています。

 

  1. 休止期

    毛が毛根に無い状態で次に伸びてくる毛の準備をしている段階

  2. 成長期

    その名の通り毛が成長する段階

  3. 退行期

    伸びきった毛が抜けていく段階

 

一見すると常に生えているように見える毛ですが、実はこの3段階を繰り返して、毛周期は体の部位によってもスピードが異なっているため、腕だったら3か月くらい、足は4か月くらいと差があるんです。

 

 

そして肝心なのは脱毛サロンで処理できるのは「成長期」にある毛だけということ。
脱毛サロンでは照射する光が毛が持っているメラニン色素に反応するので、休止期のように毛がない状態だといくら照射しても脱毛効果が得られません。

 

だから、セルフケアも毛周期を意識して行うことが大切なんです。
成長期にある毛がある状態で紫外線を浴びすぎたり剃りすぎたりすると、お肌が傷んでしまって肝心の脱毛施術が受けられないなんてことにもなりかねません。

 

サロンによっては自分の毛の状態が今どんな状態なのか調べてくれるところもありますので、毛周期に悩んだらスタッフに相談してみてください。

 

 

効率的なセルフケアで全身脱毛の効果を高めよう

全身脱毛の効果を高めるにはセルフケアが肝心です。
特に行いたいのがお肌を日焼けや乾燥から守るための紫外線対策、そして、化粧水やボディクリームなどによるお肌の保湿です。
自己処理ではカミソリではなく電気シェーバーを使ってお肌を守りながらお手入れをしてくださいね。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>