全身脱毛の剃り残し無料〜施術NGまで各脱毛サロンの対応を比較

事前シェービングが必要な全身脱毛ですが、どうしても手の届かない部位もあります。

 

剃り残しへの対応はサロンによってさまざまです。こちらではサロン別の対応や、剃り残しがあると施術ができない理由などについてご説明しています。

 

 

自己処理ってどうやるの?剃り残しの少ないやり方とは

脱毛サロンで全身脱毛の施術を行う際には、ムダ毛が伸びている状態で施術をすることができないので、事前に自己処理をしておかなければなりません。

 

医療用レーザーや光は黒色やメラニン色素に反応しますが、毛が伸びていると毛根以外に反応して効果が減少したり、毛根以外の部位が焼け焦げて痛い思いをしたりする事態につながってしまいますので、事前シェービングは基本です。
毛抜きや脱毛クリーム・カミソリなどで処理するのではなく、お肌にやさしい電気シェーバーを使ってシェービングしましょう。

 

目に見える場所のシェービングは比較的簡単にできますが、背中やVIO・うなじなどは手探りでやらなくてはならず、完璧にひとりできれいにするのは難しいといえます。
鏡などを使ってできる限りは自分でシェービングする必要がありますが、多少のムラがあってもOKですし、何ミリかくらいの剃り残しは施術に影響はありません。

 

できる限り自分で処理を行い、どうしても手の届かないところは家族に頼んだり、サロンにシェービングサービス(有料)を頼むこともできます。
無理をしてお肌を傷つけてしまっては、脱毛自体ができなくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

剃り残しが生じやすい場所は部位は、ワキ・VIO・背中・うなじなどです。
ワキは鏡に映したり肉眼で見たりしてチェックできますが、凹凸があるためシェービングしにくい部位で、思いがけない剃り残しがあると、そこだけ脱毛してもらえない可能性もあります。

 

またVIOも剃り残しが多い部位で、Vはまだ目で見えますが、IやOは手探りとなってしまいます。
そして背中やうなじはどうしても自分だけで剃るのは限界がありますので、家族に手伝ってもらうか、シェービングサービスのあるサロンにお願いするのが無難でしょう。

 

各脱毛サロンの剃り残し対応について>>

 

一気にやろうと思うと時間が足りなくなったときに焦ってしまい、剃り残しが生じやすくなります。
基本的に前日のシェービングがおすすめですが、剃りにくい部位については数日前から少しずつとりかかりますので、前日には全身の剃り残しがないかチェックするくらいの余裕を持っておくといいでしょう。
自分が全身のシェービングをするのにどれくらいの時間を要するのか把握しておくことをおすすめします。

 

 

どうしても生じる剃り残し…施術はできる?

剃り残しがあってもシェービングサービスを行っているサロンならスタッフが剃り残しをチェックして必要があればサロンでシェービングをして施術もしてもらえます。

 

ただ、なかには剃り残しがあると施術を断られることがあったり、施術はできてもシェービングできているところのみで剃り残し部分は断られたという声も口コミなどに上がっています。
高い確率で生じる剃り残しだけに、その対応については事前にサロンでしっかり確認しておきましょう。

 

各脱毛サロンの剃り残し対応について>>

 

剃り残しへのサロンの対応について

代表的な脱毛サロンの剃り残しへの対応は以下の通りです。

 

キレイモ

キレイモでは剃り残しがある場合の施術はできません。
プランによってシェービングサービスの料金の有無が変わりますので注意が必要です。

 

月額プランではシェービング代が1,000円かかりますが、パックプランでは無料です。
月額プランの場合は月に1回シェービングをしてもらうとすると、12か月で12,000円、3年通うとすると36,000円かかりますので、プランを決めるときにはシェービング代も計算に入れて検討するようにしましょう。

 

キレイモの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

銀座カラー

銀座カラーでは剃り残しがあった場合施術をしてもらえません。
ですが自分で電気シェーバーを持っていけば、剃り残し部分のシェービングをしてもらえます。
銀座カラーの推奨するシェーバーについても教えてもらえますので、気軽に尋ねてみましょう。

 

スタッフによる当日シェービングの料金はかかりませんので、自分でできる限りのシェービングをして、どうしてもできない部分は気がねせずお願いすることができます。
もしスタッフにシェービングされたくない場合は、その部分を避けての施術になりますので気をつけておきましょう。

 

銀座カラーの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

ミュゼ

ミュゼでは、剃り残しがあると施術をしてもらえません。
例外として、襟足・背中・ヒップ奥のみスタッフにシェービングを手伝ってもらうことができます。

 

スタッフによるシェービングの料金はかかりませんが、基本的に最低限のお手伝いのみなので、自己処理をしないままサロンに行くと、施術を断られてしまいますので注意が必要です。

 

ミュゼの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

コロリー

コロリーでは剃り残しへの対応を無料でしてくれます。
だからといって事前の自己処理をしなくていいわけではありません。
できる部分を自分でやって、できない部分をスタッフにお願いするつもりで処理していきましょう。

 

コロリーの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

シースリー

シースリーでは剃り残しへの対応を無料でしてもらえます。
ですがそれはできるだけの自己処理をした場合のサービスだといえます。
いくらシェービングが無料だからといって、何もせずにサロンに行くのは控えましょう。
シースリーでは顔とVIOはサロンのシェーバーを使ってもらえませんので、自身が使っている電気シェーバーを持参してください。

 

シースリーの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

恋肌(旧:ラヴォーグ)

恋肌(旧:ラヴォーグ)では、うなじや背中・ヒップなどの手の届きにくいところについてのみ、シェービング代は無料となっています。
それ以外の部位の剃り残しについては、シェービング代(剃り残し1部位につき800円)を支払うことでスタッフに剃ってもらうことができます。

 

恋肌(旧:ラヴォーグ)の詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

脱毛ラボ

脱毛ラボでは剃り残しに対してシェービング代(1回1,000円)かかります。
背中など手の届かないところの剃り残しにもかかりますので、うっかり残してしまわないように気をつけましょう。
顔とVIOは500円追加されさらに料金が高くなりますので、こちらも注意が必要です。

 

脱毛ラボの詳細ページはこちら>>

人気脱毛サロンのシェービング代一覧>>

 

剃り残しへの対応はサロンによって差がある!剃り残し対応サービスを利用する方法も

脱毛前の事前シェービングについての対応はサロンによってさまざまです。
以前に通っていたサロンでは対応してくれたけれど、別のサロンでは対応してくれない、とか、また手の届かない背面は無料だけれど、それ以外の部位は有料のサロンも。

 

ですが無理なシェービングをしてお肌を傷つけてしまうよりは、有料であってもシェービングサービスを頼んだ方がいい場合もあります。
特に背中やうなじなどの、剃りにくい部分のシェービングを手伝ってくれる人が見つからないという場合は、最初からサロンにお願いしたほうがベターでしょう。

 

脱毛サロンを選ぶ際には、シェービング代が有料なのか無料なのか、剃り残しがあった場合の対応はどうなっているのかという観点からもチェックしておくと、いざ脱毛がスタートしてから戸惑わなくてすむでしょう。
施術をするたびにしなくてはならない事前シェービングですから、なるべくストレスのかからないサロンを選ぶのはとても大切なこと。

 

有料の場合は、シェービング代も積もれば大きな金額になります。
脱毛にかかる費用の見積もりには、剃り残しに対するシェービング代も含めておくことをおすすめします。

 

人気脱毛サロンのシェービング代一覧

キレイモ 1回1,000円(月額制のみ)

パックコースは無料

銀座カラー 3,000円(スペシャルプランのみ)

プレミアムプランは無料

ミュゼ 当日施術NG

襟足・背中上下・ヒップ奥は無料

コロリー 無料
シースリー 当日施術NG

襟足、背中、お尻、Oは無料

ラヴォーグ 1部位につき800円

うなじ、背中、腰、お尻は無料

脱毛ラボ 1回1,000円、顔とVIOは1,5000円