性感染症ってどんな病気?絶対にうつるの?

VIOラインを含む全身脱毛を受けるとき、ふとよぎるのが「性感染症の心配はないのか」という不安なのではないでしょうか。
また、ご自身が性感染症に感染している可能性がある場合でも、全身脱毛を受けることがきるのかどうか心配ですよね。

 

それではまず、性感染症(性病)の種類と症状、うつる可能性の有無について簡単にご紹介しておくことにします。

 

 

性感染症(性病)の種類と症状

クラミジア

クラミジア・トラコマテイスという真菌によって感染する、性感染症で、おもな原因は性行為です。
初期段階のクラミジアは自覚症状が現れないこと多いといわれていますが、症状が進行するにつれ、おりものの色が濃い黄色または茶色っぽく変化し、悪臭を放つようになる、性器周辺の痒み、下腹部痛などの症状が現れてくるようになります。
クラミジアは非常に感染率が高い性感染症ですので、すでにクラミジアに感染している男性と性行為を行うと、高い確率で感染します。

 

梅毒

梅毒トレポネーマという真菌によって感染する性感染症です。梅毒もまた性行為がおもな感染ルートですが、口元に怪我を追っているときには、保菌者とキスをしただけでも感染する可能性があるといわれています。
梅毒の初期症状は痛みを伴うことはありませんが、感染部分に赤くて硬い小さなしこりのようなできものができ、やがて全身の倦怠感や発熱の症状が現れ、重症度が高くなると全身に赤色の発疹(バラ疹)が現れたり、ブツブツとしたできもの(梅毒性丘発疹)ができたりします。
梅毒は、放置していると生命の危機に陥る可能性がある性感染症で、早期発見・早期治療が感染後の明暗を分けます。

 

淋病

淋菌という真菌によって起こる性感染症です。この性感染症は初期症状が現れにくいといわれていますが、症状が進行すると、おりものの量が増加する、不正出血が起こる、下腹部痛、尿道炎などの症状があらわれてきます。
こりの性感染症の怖いところは、卵管炎などを併発すると不妊症や子宮外妊娠の原因になるという点にありますので、やはり早期発見・早期治療が何よりも大切であるといえるでしょう。

 

カンジダ症

性感染症と似たような症状が現れることから性感染症に分類されることが多い病気ですが、実際には性感染症ではなく、男性経験がない方でも発症することがあります。
カンジダ症のおもな原因は、疲労やストレスなどによって身体の抵抗力が弱った際に、膣内にもともと存在していたカンジダ菌という常在菌が増殖することにあります。
この病気を発症すると、外陰部の痒みや、見た目がカッテージチーズのようなおりものが出る、下腹部痛などの症状が現れてきます。
また、カンジダ症は基本的には性感染症に分類されていませんが、性感染症に感染した男性と性行為を行うことによって症状が現れることもあります。
温泉や銭湯、プールなどで感染する確率は極めて低いとされています。

 

乾癬

赤い発疹が現れることがあり、性感染症の症状とよく似ていますが、この病気は性感染症ではなく、他人からうつる、あるいは自分から他人にうつす心配はありません。
この病気の原因についてははっきりと究明されていませんが、糖尿病や脂質異常症などの影響を受けて発症するのではないかと考えられています。

 

性感染症でも全身脱毛は受けられる?

VIO脱毛を受ける際に、性感染症に移る可能性はあるのか、あるいは、ご自身が性感染症に感染している可能性がある場合には全身脱毛を受けることができるのか、という部分は、全身脱毛をお考えの方にとっては大いに気になるところですよね。

 

結論をお話ししますと、全身脱毛で性感染症に感染する確率はゼロ%ではありません。
ですが、脱毛サロンの全身脱毛で性感染症に感染する確率は、極めて低いと考えられています。

 

では、性感染症に感染していることがわかっている場合では、全身脱毛を受けることができるのでしょうか。
性感染症に感染していても、それを隠していれば全身脱毛を受けることはできるでしょう。

 

ですが、性感染症の種類によってはおりものが悪臭を放つことがありますし、おりものの量が増えたり色が変わったりして、担当者に性感染症を疑われる可能性が高いとも考えられます。
性感染症は適切な治療を受ければ完治しますので、性感染症を隠して全身脱毛受けるよりも完治後に受けるほうが、ご自身としても負い目を感じることなくスッキリとした気分で受けることができるでしょう。

 

また、ご自身が性感染症に感染していることがわかっているのに、その状態で全身脱毛を受けること自体、モラルの部分で問題が生じます。
つまり、性感染症に感染しているかその疑いがあるのであれば、全身脱毛は自粛すべきだということです。

 

では、脱毛サロンでは、性感染症予防のためにどのような工夫を行っているのでしょうか。

 

脱毛サロンではこんな工夫をしています

脱毛サロンの多くは、事前にご自身でシェービングしてからの施術となります。
そして、脱毛サロンの中には、剃り残しなどがあった場合にはシェーバーをその場で購入し、その場でご自身でシェービングを済ませて施術となるところもあります。
あるいは、剃り残し部分は無理にシェービングを行わず、その部分を避けて照射するなどの工夫が行われています。
このいずれかの場合であっても、ジェーバーの使いまわしはしませんので、シェービングによる性感染症の心配はありません。

 

現在では、シェーバーを使いまわしている脱毛サロンは非常に少ないと考えられますが、もしもシェーバーの使い回しをしている脱毛サロンで全身脱毛を受けることになったのであれば、シェーバー消毒の有無などについて事前に確認しておくと良いでしょう。

 

脱毛サロン側で消毒を行わないということはまずないと考えられますが、心配であれば担当者に消毒をお願いしてみると良いでしょう。
また、脱毛サロンでは利用者一人ごとにシーツやタオル、ガウンを交換しますし、紙パンツは使い捨てですので、衛生管理に関しては問題はないと考えられます。

 

性感染症に感染したら?

性感染症軽く考えている方は意外と多いようで、特に若年層の方の場合ではその傾向が強いようです。
ですが、性感染症はご自身に症状が現れるだけではなく、パートナーや周囲の方にも迷惑をかける可能性がある病気です。

 

さらに、重篤な症状が現れる可能性がない病気ではありませんので、感染の疑いがあるのであれば、直ちに婦人科、産婦人科、泌尿器科などで検査を受け、陽性反応が出たのであれば直ちに治療を受けて下さい。

 

性感染症が発覚したら全身脱毛は控えて!

性感染症に感染したら、ひとまず全身脱毛は控えて下さい。
脱毛サロンは逃げませんし、開始時期か少々遅れたところで、効果に大きな差が生じることはありません。
性感染症に感染したらまずは落ち着いて治療を受け、完治後から全身脱毛を開始しましょう。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>