入れ墨やタトゥーがあると施術ができない理由

入れ墨やタトゥーがあると全身脱毛できないという話を聞いたことがあるでしょう。
入れ墨やタトゥーは、専用の針でインクや墨を皮膚に染み込ませます。

 

脱毛に使うレーザーや光線は、ほくろやシミなどを含む黒い部分に反応するという特性を持っているため、ため皮膚に入れたインクの黒色に光が反応し、入れ墨全体にダメージを与えてしまうのです。
痛みが走ったり、やけどしたりしてしまう可能性がありますので、入れ墨やタトゥーの部分に施術をするのはたいへん危険な行為といえます。

 

またタトゥー部分に光を照射することで、柄やデザインがおかしくなったり、色が抜けたり、タトゥーが消えるなどの可能性もありますので、サロンによっては入れ墨やタトゥーのある人は断られてしまうことが多いのです。
全身脱毛とタトゥーはなかなか相いれない関係であるといえるでしょう。

 

 

入れ墨やタトゥーがあっても脱毛できる方法はある?

入れ墨やタトゥーがあっても全身脱毛をすることができます。
まずタトゥーの部分を避けてレーザーや光線を当ててもらうことが可能です。
ただこちらは、完璧にタトゥー部分を避けて施術するのに手間がかかりとても難しいため、サロンによっては入れ墨やタトゥーがあると脱毛を断ることもあると知っておきましょう。

 

どうしても入れ墨部分を脱毛したいという場合は、ニードル脱毛なら施術が可能です。
ニードル脱毛は毛穴に針を刺、電流を流し毛乳頭にダメージを与える方法で、医療レーザー脱毛や光脱毛と比べて痛みが大きく金額も高くなりますが、どうしてもタトゥー部分の脱毛をしたいという人にはおすすめの方法です。

 

また自宅で脱毛クリームやワックス、カミソリなどを使って自己処理するという方法もあります。
ですが家庭用脱毛器を使う場合は、光脱毛と同じ原理の光を使いますから、入れ墨やタトゥー部分に使うこはできません。
家庭用脱毛器の取扱説明書にも、入れ墨やタトゥー部分に使用しないことという注意書きがあるはずです。
入れ墨やタトゥー部分の自己処理は、あくまでも光を使わないものに限ると覚えておきましょう。

 

入れ墨やタトゥーがあると断られる場合も!タトゥーは脱毛後がおすすめ

脱毛サロンによっては、施術の際にタトゥーを避ける処置をしてくれるところもありますが、カウンセリングの段階で入れ墨やタトゥーがあることがわかれば断られてしまう場合もあります。
いったんタトゥーを入れてしまった後では、全身脱毛の方法の選択肢も限られてしまいますから、もし脱毛したいと考えている場合は、脱毛してからタトゥーを入れる方がいいでしょう。

 

ニードル脱毛は、入れ墨やタトゥーをした後からでもできる脱毛方法ですが、痛みを伴い料金が高額になるというデメリットがあります。
行きたい脱毛サロンを自由に選べなくなる可能性がありますので、できるだけ入れ墨やタトゥーをする前に、気になる部分の脱毛を済ませておくようにしましょう。

 

全身脱毛のおすすめサロンランキングをチェックする>>
月額制全身脱毛コースの人気ランキングをチェックする>>